このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 22:15:43.27 ID:???0.net
    NHK会長の罷免要求、退職者ら1400人が賛同

    NHKの退職者が籾井勝人会長の辞任や罷免(ひめん)を求めている問題で、退職者有志のよびかけ人、小滝一志氏らは23日、NHK経営委員会と籾井会長、理事会に対し、報告書と1401人の賛同者名簿などを提出した。

    小滝氏らは、籾井会長が就任時の会見で「政府が右というのを左とはいえない」などと話した一連の発言などから、公共放送トップとしての資質を疑問視。「今後も賛同人を増やすよう呼びかける。OB以外の一般の人たちにも声をかけていきたい」と語った。

    NHK経営委員会は「申し出があったことは承知している」としている。


    no title

    朝日新聞デジタル[2014.10.23 19:45]
    http://www.asahi.com/articles/ASGBR61G9GBRUCVL01K.html



    腐ってやがる。遅すぎたんだと思った方はクリックを
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 16:30:35.34 ID:???0.net
    判決で受信契約成立 事業所に対し初判断

    no title

    NHKが、客室などにテレビを設置しているのに受信契約に応じていないホテルの運営会社に対して起こした裁判で、東京地方裁判所は「判決をもって受信契約が成立する」とする事業所に対しては初めての判断を示し、テレビの受信機がある部屋の数に応じた受信料の支払いを命じる判決を言い渡しました。

    この裁判は、客室などにテレビを設置しているのに繰り返しお願いしても受信契約に応じていない3つのホテルを運営する東京の会社に対し、NHKが契約の締結と受信料の支払いを求めたものです。

    9日の判決で、東京地方裁判所の佐久間健吉裁判長は「放送法は受信機を設置した者に対し、受信契約を結ぶ義務を課している。裁判所の判決をもって放送受信契約が成立する」という、事業所に対しては初めての判断を示しました。

    そしてテレビの受信機がある部屋の数に応じて、テレビの設置が確認された平成25年8月からことし5月までの受信料620万円余りを支払うよう東京の会社に命じました。


    NHKニュース[2014.10.09 16:16]
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141009/k10015268961000.html



    地裁はどこもレベル低いなと思った方はクリックを
    この記事の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 仮装行列 φ ★@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 23:21:54.06 ID:???0.net
    NHK職員「高待遇」の実態 給料以外の手当、再雇用なども破格の充実ぶり

    ざっくり言うと

    ●財政難が叫ばれるNHKだが、職員は実はとんでもない高待遇だという
    ●2012年度の平均給与は1185万円で、手厚い手当を含めると1780万円にのぼる
    ●保険料も自己負担額が少なく、定年後も望めば関連企業に再雇用される


    NHK、ずさんな金満体質と受信料値上げ検討に批判殺到 職員は高給で多額経費使い放題

    no title

    全国のNHK退職者有志は21日、籾井勝人会長に対する辞任勧告か罷免を行うよう求める申し入れ書と、呼びかけ人と賛同者の計1500人超のOB名簿をNHK経営委員会(浜田健一郎委員長)に提出した。

    東京都内で記者会見した呼びかけ人の一人、大治浩之輔・元盛岡放送局長は「籾井会長の就任で、公共放送が危機的な状況になっていることを経営委はどう受け止めるのか。OBの責務として行った」と述べた。

    あるNHK職員によると、「現役職員、OB、関連団体社員、スタッフも含め、内部で働いている大多数は、籾井会長に早く辞めてほしいと思っている」という。その理由としては、籾井会長就任後の数々の問題発言により、世間のNHKへの風当たりが強まっていることが最も大きいという。

    また、受信料の値上げや、テレビを所有していなくてもパソコンやテレビ放送を受信できる携帯電話などのインターネット環境があれば受信料を徴収するとの方針を打ち出したことも、世間のNHKへの批判が高まる要因となっている。

    この方針について籾井会長は、財政難を理由に「私の時代には受信料の値下げはないだろう」と明言した。

    ●NHKの金満ぶり

    そんな中、4月に出版された『NHKはなぜ金持ちなのか?』(小田切誠/双葉社)が、「NHKが財政難なんていうのは真っ赤な嘘だ。NHKという放送局は、実はとんでもないお金持ちなのである」と、NHKの金満ぶりを暴露し、批判の声はさらに高まった。

    2012年の受信料収入は6387億円で、事業支出は6408億円。民放に比べて桁違いの金が動いていることがわかる。例えば、制作費も高額で大河ドラマ1本(44分)で6000万円と破格だ。

    また、4000億円以上の金融資産まで保有し、東京・渋谷にある放送センターの立て替え(予定)につぎ込まれる予算は3400億円という。もちろん、これら予算の多くは国民から徴収した受信料が原資である。

    実は、NHKの収入は受信料だけではない。一般には知られていないが、NHKが過去に放送したニュースや番組を民放各局に提供したり、海外に販売することで莫大な利益を得ている。表向きは、関連団体が窓口となっているが、資料の2次使用や、キャラクターグッズなどの販売によって、NHKに還元される金は内部に留保されているという。

    組織としてのお金だけではなく、NHK職員たちの高給ぶりにも注目が集まっている。平均給与は2012年度で1185万円、さらに住宅や転勤、保険など手厚い手当が付き、それらを含めると平均年収は1780万円まで跳ね上がるという。

    民間企業では労使折半の保険料も、NHKでは事業者負担が62%と低く、職員の自己負担が少ないなど、かなり優遇されていることがわかる。

    また前出の職員は、「NHK職員は、定年後の収入も安定している。本人が望めば、関連会社に再雇用され、年齢制限なく働くことができる。実際に、70歳になっても週に数回働きに来ているOBがいる」といい、民間企業では考えられないほどずさんなお金の使い方を明かす。

    「取材費やロケ費、会議費との名目をつければ、経費は事実上使い放題。むしろ、取材に出かけた時に、あまり経費を使わないと『次回から予算が削られる』という理由で、無理やりお金を使っている」

    別の職員も、NHK全体の体質としてずさんな金銭感覚を指摘する。

    「ほかにも、タクシーチケットが各部署に配られているが、職場の飲み会の後などは、みんなチケットを使ってタクシーで帰る。以前はチケットを使い放題で、毎日使っている人もいた。でも今は、一応上司にタクシーを使うことを報告するようになったので、利用は減っている。経理部にいた人に聞いたところでは、上司への報告を義務付けただけで、年間のタクシー利用料が10億円ぐらい減ったらしい」

    ●高待遇の経営委員

    職員だけではなく、NHK経営委員会委員も羽振りの良いNHKの恩恵を受けている。経営委員会は放送法により、その設置および権限、組織、任免、報酬が規定されており、NHKの経営方針や業務の運営に関する重要な事項を決定する役割を担う。

    定例会議を原則月2回開催し、執行部から提案された経営の重要事項について協議し、議決を行うほか、NHK会長の任免と、副会長や理事の任免の同意を行う。委員は12人で構成され、内閣総理大臣が任命する。

    任期は3年あり、報酬は、委員長は年間約3192万円(非常勤の場合は約633万円)、委員は約2256万円(非常勤は約506万円)。使用が認められている役員交際費は年間上限2500万円(12人合計)で、会食費、土産代、慶弔費などに使用される。

    さらに、経営委員会の議決によって選任される会長の報酬は月額211万円で、各期末報酬が330万円。期末報酬は業績評価の結果によって増減があり、平均すると年俸3200万円ほどだ。

    これほど高待遇では、NHK会長は簡単には降りたくないだろう。

    (文=平沼健/ジャーナリスト)

    ライブドアニュース(ビジネスジャーナル)[2014.08.26 18:00]
    http://news.livedoor.com/article/detail/9186143/



    くたばれNHK!と思った方はクリックを
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/08/23(土) 09:45:48.97 ID:???0.net
    【産経抄】8月23日

    「すまじきものは宮仕え」とはよくいったもので、清少納言の昔からサラリーマンは気楽な稼業ではない。今はやりのブラック企業ではなくとも「成果主義」という正体のしれぬ怪物に追いまくられ、日々の疲れを一杯の生ビールで洗い流すことさえままならぬご同輩も多い。

    ▼退職してからなお一層、「わが社」への愛憎がいや増すのもサラリーマンの悲しい性(さが)か。「NHK全国退職者有志」なる人々が、籾井勝人(もみい・かつと)NHK会長の罷免を求めるOBの署名を約1500人分集めたという。

    記者会見した元ディレクターの池田恵理子さんは、「国際的にみたらとんでもない人が公共放送のトップにいる」と口を極めて罵(ののし)った。さて、彼のどこがとんでもないのか。どうやら、半年前の就任会見をいまだに問題にしているらしい。

    記者から慰安婦問題について聞かれた籾井氏は、「今のモラルでは悪いことだが、戦争地域ではどこにでもあった」と述べた。どこかの新聞やテレビが、さも大失言かのように扱ったのは記憶に新しい。

    罷免に値する発言ではさらさらないのだが、池田さんには我慢ならなかったらしい。さすがは在職中から市民運動家と知られ、13年前、昭和天皇に「有罪」判決を下した「女性国際戦犯法廷」なるインチキ模擬裁判に深く関わったご仁だけある。

    ▼つい最近までNHKは、ニュースでも左翼系団体の集会をさも重大事のように扱っていたが、署名した1500人のOBはそんな昔が懐かしいのだろう。朝日でさえやめたのに、NHKがいまだに「従軍慰安婦」なる用語を使っているのも昔の名残である。

    OBたちが今、せねばならないのは、慰安婦問題などで偏向番組を放送し、視聴者を惑わせた過去への謝罪である。

    no title

    MSN産経ニュース[2014.08.23 03:09]
    http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140823/ent14082303090005-n1.ht



    池田恵理子、お前だよ、お前と思った方はクリック
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 19:28:57.64 ID:O20Nf5GL.net
    新・韓国ドラマ「奇皇后」がいよいよ8月3日からBSプレミアムに登場!放送に先駆け、メイキング映像など舞台裏情報満載でドラマの見どころを一挙にご紹介します!

    番組内容

    14世紀、元に服属していた高麗(コリョ)に生まれ、元の皇后にまで上り詰めた女性、奇皇后。実在した彼女の人生をモチーフに、元の宮廷を舞台に繰り広げられるエンターテインメント・ロマンス史劇『奇皇后』は韓国で30%近い視聴率を記録した。
    特別番組では、豪華共演となったハ・ジウォン、チュ・ジンモ、チ・チャンウクの特別インタビューや、舞台裏満載のメイキング映像など、ドラマの見どころをたっぷり紹介します!

    no title

    no title

    http://www9.nhk.or.jp/kaigai/kikogo/tokuban1/

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 02:56:16.87 ID:sv5X2tRz.net
    【東京聯合ニュース】2012年に韓国MBCで放送され大きな人気を集めたドラマ「太陽を抱く月」が13日から日本のNHK総合で毎週日曜午後11時に放送されている。

    NHK総合で韓国ドラマが編成されるのは2カ月ぶり。昨年1月から同じ時間帯でMBCドラマ「トンイ」が放送され今年5月初めに終了した。

    ただ、「トンイ」の放送終了後、NHKと民放キー局のテレビ朝日、日本テレビ、TBS、フジテレビの5大地上波放送から韓国ドラマが姿を消し、韓日関係悪化に伴う日本国内での韓流の危機を象徴しているとの指摘が出ていた。

    人気俳優キム・スヒョン主演の「太陽を抱く月」はNHKの衛星放送、BSプレミアムでは昨年放送されたのに続き、今年5月から再放送中だ。

    駐日韓国文化院関係者は21日、「昨年BSプレミアムで放送されたときは2%台のまずまずの視聴率を記録したため、地上波でも成功すると判断したようだ。海外の韓流ブームをリードする『キム・スヒョン効果』も期待される」と話している。

    no title
    「太陽を抱く月」のワンシーン(ペンエンターテインメント提供)=21日、ソウル(聯合ニュース)

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/07/21/0200000000AJP20140721003300882.HTML

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ