このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 19:49:29.17 ID:???.net
    「許さない」行動で示す…ヘイトS根絶シンポに350人

    no title

    在日韓国人などに対する人種(民族)差別、偏見、憎悪を扇動するヘイトスピーチおよび街宣活動を犯罪行為として規制するよう、法整備の早期実現を求めて、「ヘイトスピーチを根絶させよう! 東京シンポジウム」が21日、東京・港区南麻布の韓国中央会館で民団中央本部人権擁護委員会の主催により開かれ、約350人が参加した。参加者らは「ヘイトススピーチを許してはならない。許さないために行動しなければならない」との強い決意を新たにした。

    李根弯邑⇒文邂儖会委員長は主催者あいさつで、「我々の次の世代が萎縮することなく、この日本で堂々と生きていくことができるように、若い世代に対して希望を与えられる活動こそ私たちの務めだ」と述べ、「今日のシンポの意義は大きい」と強調した。

    呉公太民団中央本部団長もあいさつで「ヘイトスピーチは絶対に根絶しなければならない。全国の自治体への『法規制を求める意見書採択の要望活動』を強化しよう」と呼びかけた。

    師岡康子・弁護士による基調報告「ヘイトスピーチの現状と課題」に続き、呉時宗・民団大阪堺支部団長が「大阪府堺地域の対策と取り組み」、薛幸夫・民団鳥取県本部団長が「鳥取県内での人種差別撤廃法制化要望活動」、在日韓国人法曹フォーラム所属の趙學植・弁護士が「法曹フォーラムからの報告」、徐史晃・青年会中央本部会長が「善隣友好全国集中横断活動」と題して報告した。

    師岡弁護士はヘイトスピーチの問題点について、「マイノリティに対する差別であり、表現による暴力、攻撃、迫害。ヘイト・クライム(差別犯罪)もマイノリティに対する攻撃であり、主要に物理的暴力を伴うものであり、本質は共通」と強調。その害悪として、
    1,マイノリティに属する人々の尊厳を傷つけ、心身を害し、実生活に被害をもたらし、黙らせ、社会との関係を破壊し、社会から排除する
    2,「マイノリティに対する差別・暴力をはびこらせ、マイノリティおよび平等に関する言論を萎縮させ、民主主義自体を破壊し、ジェノサイド、戦争へと導く
    と指摘した。

    続いて行われたパネルディスカッション(コーディネーター=徐元戞人権擁護委員)では、パネリストの師岡弁護士、有田芳生・民主党参議院議員、ジャーナリストの安田浩一氏、市民運動家の金展克氏、李根廾儖長が
    1,「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などヘイトスピーチデモの現状
    2,ヘイトスピーチデモをやめさせるカウンター行動
    3,日本政府、政党、国会の取り組み
    4,被害当事者である在日同胞の現状と各地自治体での取り組み
    などについて、それぞれが自らの体験・活動を踏まえて討議した。

    パネリストらは、「在特会」の朝鮮学校へのヘイトスピーチについて最高裁がその違法性を認定する決定(9日)を行ったことを、日本社会において画期的なことだと高く評価するとともに、「まだ歯止めができていない」「『在特会』的言説・差別デモをなくすために何度でも声を上げていかなければならない」と主張。「人種差別を禁じる基本法の制定が急がれる」と強調した。


    民団新聞[2014.12.24]
    http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=21&category=2&newsid=19868



    いつもの面々じゃねぇかwと思った方はクリックをお願いします
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/12/21(日) 11:36:16.95 ID:???.net
    民団が日本法人化の検討に着手 懸念の声も

    【東京聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)の日本法人化が検討されていることが21日、在日韓国大使館関係者の話で分かった。

    民団幹部と大使館当局者は19日に民団改革のための会議を開き、法人化に向けた検討に入った。

    1946年に在日本朝鮮居留民団として発足した民団は在日同胞の法的地位の確立や権益保護、生活安定などの一翼を担ってきた団体で、日本全域に支部がある。

    これまで任意団体として日本政府の監督を受けなかった民団が法人化の検討に着手したのは、組織運営の透明性を高めるためだ。

    韓国政府から事業費として年間80億ウォン(約8億7000万円、2013年現在)の支援を受けているが、組織が日本にあるため運営の透明性を韓国政府が徹底的に検証するのには限界がある。

    また、法人でないため地方支部などの保有資産を民団幹部が個人名義で登録するという問題がある。10月に行われた在日大使館に対する国政監査の際、野党国会議員が「邪心を抱けば(民団関係者が組織の資産を)私有化することもあり得る」と指摘した。

    結局、国政監査などを機に法人化の必要性が提起され、韓国政府は民団を日本法人として登録することを検討するよう民団側に注文した。

    ただ、民団からは、日本法人となり日本政府の監督を受けることになった場合に活動に制約が生じる可能性があると懸念する声も上がっている。最近のように韓日関係が悪化した状況で、日本政府が民団に対する監督の権限を行使するようになれば韓国政府の予算で執行する事業まで干渉される恐れがあるとの見方だ。


    no title

    聯合ニュース[2014.12.21 10:52]
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/12/21/0200000000AJP20141221000100882.HTML



    いや、帰れよ。と思った方はクリックをお願いします
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 10:41:17.72 ID:???.net
    韓食ネット>食と文化で韓日交流…2日間で3000人

    no title
    ▲K‐POPのミニ公演に熱狂する若い女性ファン

    no title
    ▲1次審査で選ばれた10種のキムチを試食する参加者

    東京・新宿

    民団韓食ネット協議会(呉永錫会長)の主催する食と文化の交流祭典「韓日友好チャリティーハンマダン」が15、16の両日、東京・新宿区立大久保公園で開催され、2日間で約3000人(主催者発表)を集めた。

    東日本大震災を契機に始まり、今年で3回目。舞台では新進K‐POPグループの「5tion」、「Bara」、そして韓日混成の「KIMIN」が若い女性ファンを虜にした。また、全羅北道全州の「キムチ名人」、安明子さんは東京韓学の中学生と新宿区立大久保小学校の児童にキムチ漬けを指導した。薬味は韓日親善の願いを託した韓国産と新宿地場産の内藤唐辛子のコラボ。

    公園内では地元繁盛店の鍾路ホットクや明洞キムパに加え、婦人会東京本部や婦人会新宿支部も出店。マッコリ協会は栗、おこげ、ピーナッツの各マッコリを販売した。また、埼玉県日高市の名物、高麗鍋3000食が来場者に無料で提供された。

    チャリティーハンマダンは東日本大震災を契機に始まった。2日間の収益の一部は過去2回と同様、福島県川内村に送られる。民団中央本部の金昭夫副団長が呉公太団長の祝辞を代読。東京本部からは金秀吉団長が激励に駆けつけた。また、16日には民主党の海江田万里党首と吉住健一新宿区長が会場を視察に訪れた。

    キムチG12月の本戦へ5人
    来場者投票で決定


    民団韓食ネット協議会の主催する第3回キムチグランプリの予選が15日、会場内で同時開催された。全国から22人が自慢のマイキムチを出品。世界キムチ研究所の朴完洙所長らが慎重に第1次審査を行い、10人の作品を選んだ。

    キムチはブース内のテーブルに無作為に並べた。一般来場者は自由に試食したが、味の評価は分かれた。「甘かった」からと1票を投じたという人もいれば、「甘口はいただけない。あっさりした味を」と指摘する投票者も見られた。なかには「白いご飯が欲しくなった」という声も聞かれた。

    集計の結果、12月6日に駐日韓国大使館で開催される「キムジャン文化イベント」に5人がグランプリの座をかけて出場することになった。



    予選通過者は全員、東京在住で、次のとおり(敬称略、順不動)。趙福姫(新宿)、魏英禮(足立)、李在洪(杉並)、西山睦美(目黒)、羅星順(新宿)。


    民団新聞[2014.11.26]
    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=19769



    最近のミンスの開き直りにワロタwと思った方はクリックをお願いします
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 18:05:09.27 ID:???.net
    韓国国会で嫌韓出版物展示会 韓日関係の打開探る

    【ソウル聯合ニュース】嫌韓に関する日本の出版物の展示会が11日に韓国国会で始まった。日本の嫌韓の実態を知り、行き詰まった韓日関係の打開を模索するのが狙いだ。

    在日本大韓民国民団(民団)と韓国最大野党・新政治民主連合の崔載千(チェ・ジェチョン)国会議員は同日午後、ソウル・汝矣島の国会図書館ロビーで「日本ヘイトスピーチ(憎悪表現)・嫌韓出版物展示会」の開幕式を開いた。

    韓国を卑下、差別したり反韓感情をあおったりする内容の書籍や雑誌など50点余りを展示するほか、在日コリアンに対するヘイトスピーチの様子を収めた映像も上映する。また、日本で発刊された韓国に友好的な出版物も併せて展示する。16日まで。

    崔議員は開幕式で「未来志向的な韓日関係に向け、まずは日本国内の嫌韓の実態を知る必要があるため、展示会を企画した。韓国の人種差別と嫌日についても省察する機会になるだろう」と述べた。


    no title

    聯合ニュース[2014.11.11]
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/11/11/0400000000AJP20141111003200882.HTML




    韓国の反日デモの実態を調べるほうが先だろ、バカチョンw
    と思った方はクリックをお願いします
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 20:35:51.79 ID:???.net
    <民団兵庫>ヘイトスピーチ包囲網、神戸でも…市民と考える集い

    no title

    【兵庫】「野放し状態のヘイトスピーチ(憎悪表現)に一定の法規制を!」。民団兵庫本部(車得龍団長)が1日、神戸市中央区の神戸国際会館で「ヘイトスピーチ問題を考える兵庫の集い」を開いたところ、会場から国会議員の働きかけに期待する意見が多く寄せられた。意を強くした同本部では、今後もさまざまな形で市民の声を集約しながら、反ヘイトスピーチの声を高めていくことにしている。

    有識者ら6人が討論

    この日の「集い」は、ヘイトスピーチに「どう向き合うべきか、何ができるのか」を一緒になって考えようというもの。いわば民団側からの問題提起だった。青年会兵庫本部が主管。同胞と市民130人が参加した。

    冒頭、あいさつで車団長は「ヘイトスピーチを絶対に許すことができない」との立場を鮮明にした。来賓として出席した原吉三県議(自民党)と吉田謙治神戸市議(公明党)も同調し、「情けない。日本人の責任で、これ以上広がらないように防いでいきたい」と述べた。

    第1部は有識者ら6人による基調報告。顔ぶれは地元選出の国会議員、弁護士、ジャーナリスト、反差別の先頭に立つ在日同胞当事者と多彩だった。それぞれがヘイトスピーチに対する考え方を手短かに語った。

    公明党の中野洋昌衆議院議員(兵庫8区)は、8月に自民党、9月には公明党で「ヘイトスピーチ対策プロジェクトチーム」が発足したと報告。「党内では各国の法規制状況を検討し、論点の整理を急いでいるところ。早急に結論を出して政府に申し入れていく。ヘイトスピーチが社会的に許されないという思いを持っていくことが大事だ。そのために努力する」と強調した。

    第2部はパネルディスカッション。討議に先だって、会場からパネリストに対する質問と意見が回収された。パネルディスカッションの進行役としてすべてに目を通した民団兵庫本部の金相英事務局長によれば、書面で意見を寄せた8割が、「国会で早急に取り締まりのための法律をつくれ」と、中野議員に期待するものだった。

    この結果を受けてのパネルディスカッションでは、「表現の自由」との兼ね合いのなかで包括的な「差別禁止法」をどうやってつくっていくのかに議論が集中した。ただし、「リベラル、人権派と呼ばれる弁護士ほど表現の自由が大切と考えるねじれ現象がある」とされるだけに、「時間がかかる可能性がある」との指摘も。

    議論の結果、国に対してはこれからも差別禁止法を要望していく一方で、「自治体にも差別煽動団体に公共の会館を使わせない、道路の使用許可を与えないといった働きかけを強めていくべきだ」との考えで一致した。

    この日の集いを終えて金事務局長は、「今日は第一歩。これからも神戸からさまざまな形で問題提起の声を発信していきたい」と意欲を新たにしていた。


    no title

    民団新聞[2014.11.05]
    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=19660




    在日は一人残らず日本から追い出すと思った方はクリックをお願いします
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 22:51:34.72 ID:???.net
    在日韓国人の多くは慰安婦像はおかしいと思っている

    no title

    先日、民団(在日本大韓民国民団)の団長らが私のところに陳情に来ました。ヘイトスピーチの問題に関してです。私が言ったのは、いろいろ頼むのなら、まずはソウルの日本大使館の前にある慰安婦の像を撤去すること。米国の慰安婦の像も全部撤去するように韓国に言いなさいと。

    そうしたら自分たちもソウルの日本大使館の前にある像はおかしい、撤去したほうがいいと思うと言うわけです。ところが、韓国の一部の人たちがものすごく騒ぐからなかなか動きが取れないと。

    また、いまのソウル市長は左翼だそうで、本当ならソウル市長が撤去する権限があるけれど、それを言い出せないと。つまり韓国系の人たちも、あの像はおかしいと思っているわけです。

    もう一つ私が言ったのは、日本から盗まれた仏像を返しなさいと。彼らは、それもその通りだと思うけれども、返すとまた大変だという。要するに韓国の世論がそうなってしまっていると。朴槿恵大統領が「1000年恨む」と言っているのは、国民にそれが受けると思っているからです。

    日本はいま韓国、中国と首脳会談ができずにいますが、今回の内閣は首脳会談をする方向にもっていこうとすると思います。ただし、ヘタな形での妥協はしないでしょう。今回の布陣は、みなさん毅然とした方ばかりですので、首脳会談はしばらく時間がかかると思います。


    「マット安川のずばり勝負」2014年9月12日放送

    JBpress[2014.09.19]
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41755?page=3



    パチンコップだから信用できないと思った方はクリックを
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 20:36:07.45 ID:???.net
    「あの虐殺の残響 今も」…生活者の感性で聞く修正主義が再生する「悪玉」論

    no title

    「関東大震災は過去の話ではない。今に直結し、未来に続いている」

    痛切にそう「感じる」著者は、朝鮮人が虐殺された東京の路上で当時さまざまな人々が経験した現実を「感じる」こと、姿かたちが大きく変わった今も街や人の心のなかにある虐殺の「『残響』を聞き取る」ことを訴えかける。

    関東大震災(1923年9月1日)から90年の節目だった昨年、「良い韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」などと叫ぶヘイトスピーチ(憎悪表現)の街宣が勢いづいていた。著者はこれへの抗議行動に参加するため、東京・新大久保の路上に毎週のように通った。

    ここは著者が生まれ育ち、在日コリアンとも親しんだ街である。聞きしにまさる醜悪な街宣プラカードのなかに「不逞朝鮮人」の文字を見つけたとき、関東大震災時の虐殺を思い出し、ぞっとしたという。「『殺せ』という叫びは、90年前に東京の路上に響いていた『殺せ』という叫びと共鳴している」


    立体像結ぶ路上の視点

    著者は仲間に呼びかけ、虐殺があった東京各地を訪ねて写真を撮り、そこで起きたことを当時の証言や記録をもとに伝えるブログを開設した。これがレイシズムの台頭に危機感を抱く多くの人の反響を呼んだ。本書はそれに加筆し、まとめたものである。

    特に残酷な事例を集めたわけでも、新事実や新証言を掘り起こしたものでも、まして新たな切り口で歴史学的な論争を挑んだものでもない。著者自身、「歴史的事件の全体像を『解説』するものではない」と念を押す。

    だが、大きな流れを踏まえたうえで、虐殺の経緯と実態を現場となった街ごとに簡潔に記述し、軍・警・自警団など加害者、朝鮮人や中国人、日本人被害者、目撃者のほか有識者の証言を適宜に織り込み、全体像を立体的に浮かび上がらせたのは間違いない。

    凄惨な歴史的大事件だからと言って、詳細に全容を解き明かすものだけが秀作ではなかろう。敬遠されがちな重いテーマだけに、若い世代にも「読みやすい」「身近に感じとれる」ものがあってしかるべきだ。著者は膨大な史料・文献を丹念に読み解き、それを人々が今も生活する「路上」の視点から再構成するのに成功した。

    著者は震災当日の朝刊(東京朝日新聞)に載った「怪鮮人三名捕はる/陰謀団一味か」の記事を重視する。朝鮮人を悪玉にする当時のマスコミにおける「誇張的筆法」の典型であり、こうした風潮が虐殺に結びつかないわけがないからだ。

    韓国併合(1910年)の過程でつくられた朝鮮蔑視の風潮が3・1独立運動(1919年)によって「恐怖」に変わり、「暴徒」「爆弾」「陰謀」といった言葉とともに「不逞鮮人」への憎しみを凝固させ、その4年後には東京のど真ん中で白昼堂々の「朝鮮人皆殺し」に帰結したと指摘する。

    そして現在、日本人をして韓国を嫌悪させる本や雑誌が反乱し、韓国政府への批判を超えて民族的な憎しみとレイシズムが膨張する現実がある。

    3・1運動以降、「不逞鮮人の陰謀」を毎日のように書きたてたかつての新聞と何ら変わるところがない。「私たちはいまだに植民地支配がつくり出した『黒き幻影』の時代、朝鮮人虐殺の残響が続く時代を生きている」と著者は言う。

    関東大震災時の虐殺や強制労働現場での犠牲同胞を慰霊・追悼する碑が日本各地にある。だが、「虐殺」や「強制」など都合の悪いものはなかったことにする歴史修正主義が政治指導者やオピニオンリーダーにとどまらず、草の根レベルでも広がり、碑の廃棄や字句改変を求める圧力も強まっている。

    日本人自らがこれに抗い、歴史の負の側面をこそ照射して、戒めを導きだそうとする動きもそれに負けてはいない。この一冊は生活者の視点でその気概を示した。

    民団新聞[2014.08.27]
    http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=11&category=6&newsid=19340



    もう諦めて半島へ帰れと思った方はクリックを
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 15:23:08.99 ID:???.net
    最大規模の日韓交流行事 日比谷公園で「日韓交流おまつり」

    日比谷公園(東京都千代田区)第二花壇では2014年9月27日〜28日、「日韓交流おまつり 2014 in Tokyo」を開催します。

    出演者は当日までシークレット「日韓交流おまつり」は今年で6回目となる最大規模の日韓交流行事。2014年は「かけがえのない隣人」をキーワードに、両国の伝統芸能パフォーマンスやK-POPアーティストによるスペシャルコンサート、K-POPカバーダンスが行われます。また韓国の伝統文化を楽しめるコーナーや、観光情報や本の紹介コーナーも設置されます。

    開催に先駆けて、28日の「K-POPコンサート」の観覧募集を実施中。出演者は当日までシークレットですが、2013年は3組のK-POPアーティスト(Apink、Jewelry、キム・テウ)と、日本のJAMOSAが出演しました。応募期間は8月25日〜9月11日(当日消印有効)で、郵便往復はがきでの応募です。イベントの開催時間は11時〜20時で、入場無料。詳細は公式サイトで。

    no title

    Ameba News[2014.08.26 14:42]
    http://news.ameba.jp/20140826-345/



    ずーっとずっとシークレットにしてろと思った方はクリックを
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/08/18(月) 09:30:10.80 ID:???.net
    忘れられない思い出に…在日小・中学生母国体感ツアー
    2014-08-15

    韓半島にルーツを持つ大阪府と神奈川県内の在日同胞中学生が、夏休みを利用して母国を訪問。忘れられない思い出を胸に刻んだ。民団の次世代育成事業は、小学生と高校生世代の狭間に置かれたかっこうの中学生にも目が向けられつつある。

    ◆今年は中学生コースで<大阪>

    【大阪】「2014ウリナラ・キャンプ」(民団大阪本部・大阪韓国教育院共催)は昨年、小学生を対象に実施した。今年はソウル・オリニジャンボリーの開催年にあたることから、中学生を対象とした。大阪府内各地から74人が参加。7月31〜8月4日、ソウルと公州市で母国を全身で体感した。

    プログラムはソウル市内でのフィールドワークに始まり、レジャーランド訪問、公州博物館見学、武寧王陵の視察、買い物、パンソリと韓国民謡の鑑賞および体験、ミニチャンゴづくりなど盛りだくさん。

    3日目からは公州大学付属の中学生64人が同プログラムに参加、1泊2日間という短い時間ながら行動を共にした。言葉の壁はあっても、同じ中学生どうし。スマートホンの通訳アプリを使い、コミュニケーションに困ることはなかった。最後は連絡先を交換し、涙ながらに別れを惜しんだ。

    参加した中学生からは「同じ班の仲間と夏休みにもう一度集まりたい」という声が届いている。


    ◆国弓を初体験<神奈川>

    【神奈川】民団神奈川本部(金利中団長)は1〜4日、「2014中学生本国訪問団」をソウル市内と京畿道で実施した。県内から10人が参加。2日目には水原市内の中学生と一緒に華城行宮練武台で国弓を初体験した。翌日はソウル市内で散策を楽しんだ。

    同本部では「将来は青年会で活躍してくれたら」と期待を込めた。


    (2014.8.15 民団新聞)

    no title
    楽しさいっぱい、龍仁市内のエバーランドでジャンプする大阪の中学生(ウリナラ・キャンプ)

    no title
    ソウル市内を探索する神奈川のオリニたち

    民団新聞[2014.08.15]
    http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=5&category=2&newsid=19317

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ